作りたいサービスがあるのにエンジニアがいない問題に答える

f:id:hc0208:20180201102045j:plain

「作りたいサービスがあるのにエンジニアがいない」

この言葉を何回もいろいろな場面でみてきました。実際エンジニアをみつけるのはコツが必要でなかなか見つけられないことが多いです。ただ、コツさえ掴めば簡単に見つけられると思っています。

この記事ではどうやったらエンジニアをみつけることができるのか僕の考えをまとめたいと思います。

そもそも自分でエンジニアやりたいと思ってる人は以下の記事もぜひご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

こちらではエンジニアになるデメリットについても少しまとめているのでよかったらぜひ。

hc0208.hatenadiary.jp

そもそもエンジニアはどれぐらいいるのか?

まず、「みつからない」ということは純粋にどれだけエンジニアがいるのか気になりますよね。政府が出している数字があるのかもしれないですが、独自の方法でどれぐらいいるのか考えてみました。

僕が注目したのはTwitterのフォローワー数です。ベンチャー界隈の人なら誰でもフォローしているであろう人ってけっこういますよね。

例えば、けんすうさんとか、家入さんとかはフォローしている人が多いんじゃないかと思ってます。

twitter.com

twitter.com

こういった方のフォローワー数はだいたい10万人~20万人ぐらいです。

一方で、エンジニア界隈の有名人はどうでしょうか?

できたてのスタートアップでよく使われる(サービス内容によりますが笑)Ruby界隈で有名な人はだいたい4000人~6000人のフォローワー数です。

このことから、エンジニア(Ruby, Rails)と非エンジニアの割合がだいたい想像でき、1 : 20 ~ 1 : 40 という数字がわかります。

ベンチャー界隈にいる20人 ~ 40人に一人がRailsエンジニアといった感じでしょうか。無理矢理な感じがしますが僕の肌感覚とだいたい合っている気がします笑

Railsで新規サービスを作りたいってなったときにビジネス職の人がエンジニアを探すってけっこう大変そうなのが伝わってくるかなと思います。

採用方法

なかなかいないエンジニアをどう採用していけばいいのか今回は3つの例をあげたいと思います。

Wantedly

おすすめ度:3/10

まずはWantedlyです。掲載料も比較的安いと言われているので、スタートアップも掲載がしやすいのではないかと思います。

ただ、お金がないと掲載できない、あまりいい人材があつまらないという声もあると思うのでおすすめ度は10段階中3です。

資金調達が成功した段階で掲載すると効果的かなと思います。

Twitter採用

おすすめ度:8/10

何もない状態から採用するのにけっこうおすすめなのはこのTwitter採用です。

エンジニアの友だち(1人ぐらいはいるよね..?)に協力してもらい、どの人が採用できそうか徹底的にTwitterを漁ります笑 よさそうな人がいたら、即DMをして「まずは話だけでも」という感じでぐいぐいいくといいでしょう笑

Qiitaと連携している人も多いのでそこから探すのもいいかなと思います。

僕のTwitterにもどんどんきてください!

知り合いの紹介

おすすめ度:10/10

やはり知り合いの紹介が一番いいかなと思います。

共通の友人がいたほうがやりやすいですし、やってくれる確率もぐんとあがるかなと。実際、知り合いの紹介でサービスの開発を手伝ってる人が一番多いかなーという印象です。

「知り合いがなかなかいない...」という方もいるかもしれないですが、ベンチャー界隈で知り合いがいないというのは割と致命的だなと感じることが多いので、まずはつながりをつくることからはじめたほうがいいです。

また、「エンジニアにたくさん声かけたのになかなか手伝ってくれそうにない」という方もいるかもしれません。そういう場合は作ろうとしているサービスが魅力的ではない可能性が高いので、再考したほうがいい場合もあるかもしれないです。

終わりに

けっこう力技な部分がありますが、いろいろな方法で多くのエンジニアにアタックしていくのが一番簡単な方法かなと思います。

そのエンジニアが手伝えなかったとしても別のエンジニアを紹介してくれるパターンもあります。まずは、積極的に行動していくことが重要だと感じてます。

成功している多くの起業家の方って「行動力がものすごい」という印象があり、エンジニアにもそんなに困ってなかったんじゃないかなと勝手に想像してます笑

僕もエンジニアを紹介できたりするのでエンジニアがいないことに悩んでいる学生の方や起業家の方がいたらぜひ僕のTwitterに連絡ください。