NYダウ下落でWealthNavi上の僕の資産はどうなったか

f:id:hc0208:20180208095213p:plain

2018年2月5日米国の株価が大幅に下落しました。

WealthNaviはあくまで長期投資で20年、30年というスパンでみないといけないので普段は全く資産状況をみていません笑

そのため、FOLIOから「直近の株式市場の動きについて」というメールが届いて昨日気づきました笑 下落したところで特に思うことはないのですが、どれぐらい下がったんだろうと気になる方もいると思うので、どうなったか載せてみたいと思います。

そもそもなぜ米国株は下落したか

FOLIOからメールがきて気づいたという話をしたと思いますが、そのメール内で誘導されたリンクがこちらになります。これを読めばだいたいわかるかなと思います。

http://news.folio-sec.com/post/170607391721/180207
news.folio-sec.com

簡単にまとめると景気が良くても低金利が続いてきたけど、景気過熱を抑えるため利上げペースを上げるということが原因だと思います。

資産状況

f:id:hc0208:20180208093320p:plain

こちらが現在の資産状況になります。2月5日頃に暴落してからまだ値が変わっていないのがわかるかなと思います。

結果としては-5.25%という感じです。

仮想通貨のニュースをよくみるからかたったの5%かって感じの感覚になっています笑

ちなみに仮想通貨も暴落していますが、最近少しずつ上がってきているかなーという感じです。株が下がると仮想通貨が上がるというのはなんだか面白いですね。

ちなみに資産が10万円から11万円になっているのは、月に1万円積み立てる設定にしているためです。

くわしくはこちらをごらんください。

hc0208.hatenadiary.jp

「長期・積立・分散」

WealthNaviのブログをみるとこうかかれています。

「『長期・積立・分散』とは、いわば世界経済全体に広く分散して投資し、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを目指すというものです。そして積立投資を組み合わせることで、株価が大幅に下がる場合にはむしろ割安で投資できることになります。実際に、過去25年間のデータを見てみると、リーマン・ショックなどの金融危機が5回発生しており、平均すると5年に1回の頻度で発生しているのです。しかし、『長期・積立・分散』による資産運用を行うことで、金融危機さえも乗り越えて、中長期的には資産が増加しています。」

www.wealthnavi.com

僕もこの考えには納得していて、長期・積立・分散を心がけることによって資産は増加すると考えています。

なので、特に動揺することなく冷静にやるだけかなと思っています。

ちなみに仮想通貨もほうもだいぶ下落していましたが、こちらも同じ原理だと思っているので特に動揺することはなく淡々と投資しています。(暴落したのにチャートもあまり見てないです笑)

終わりに

投資はあくまで余剰資産でやるのがいいと思っているので、暴落しても動揺せず、「長期・積立・分散」を心がけてやるのがメンタルにはこないかなと思います。

自分の資産が心配でしょうがない人はあんまりやらないほうがいいかもしれません笑

もっと話を聞いてたい人がいたらぜひTwitterのほうに連絡ください。