プログラミングと筋トレをすれば人生逆転できると思ってる理由

f:id:hc0208:20180210103613j:plain

ここ1年半ぐらい僕はプログラミングと筋トレ中心の生活を行なっています。

"プログラミング × 筋トレ"というのは一見相性が悪そうにみえますが、僕はとてつもなく相性がいいと思っています。2つ合わせてマッスルエンジニアリングと言っていますが、これをもっと広めていきたいです。

人生詰んだと思ってる人はプログラミングと筋トレをやれば一発逆転できる可能性があると割と本気で思っていたりするので今回はその理由についてつらつらと書いていきます。

プログラミング

プログラミングは主に「仕事」(= 収入源)に関して大きなメリットをもたらしてくれる可能性があります。世の中エンジニアが不足していると他の記事でも何回も言ってきました。

向き不向きはあるもののプログラミングを始めて一瞬でも「時間を忘れてコードを書いた経験」があれば、プログラミングで飯を食っていくことも考えていいと思います。

エンジニアであれば、実力があればあるほど給料がもらえますし、自由に働くことも可能です。エンジニアの地位が高いアメリカ式の企業構造もベンチャーを中心にどんどん広まっているのでエンジニアは働きやすくなっていると感じています。

プログラミング教室でプログラミングを教えていた時、今まで何もスキルや取り柄がなくて悩んでいた人が「プログラミングをはじめて人生が変わった」、そんな光景を何度も目にしてきました。

就業経験がないフリーターやニートからでも月50万円稼げるエンジニアを全然目指せると思っています。

hc0208.hatenadiary.jp

筋トレ

筋トレは「仕事以外の面全て」に大きなメリットをもたらしてくれます。これに関しては正直メリットがありすぎて書ききれないので箇条書き少し紹介しようと思います笑

  • 自分に自信がつく
  • 風邪を引かなくなる
  • リフレッシュできる
  • 忍耐力が身につく
  • コツコツ続ける習慣が身につく
  • 「裏切られたり、失恋したり、悩みがあったり」してもそこにダンベルがいる
  • 健康になる
  • 目に見える結果が出る

まだまだありますが、「自分に自信がつく」というのメリットが一番大きいです。何かに悩んだり、マイナスな思考になったりすることはほどんどなくなります。(なったとしても筋トレをすればすぐに忘れます笑)

自信があるか・ないかって結構いろいろな所に影響してくるなと思っていて、これを持てたのは自分の人生にかなりプラスになっています。(もちろん過剰にもつのはよくありません笑)

もっと熱い思いを知りたければ「筋トレは最強のソリューションである」を読むかTestosterone氏のTwitterをフォローするのがいいかと思います。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

プログラミング × 筋トレ

「プログラミングをやるべき」「筋トレをやるべき」それぞれ別に考えをまとめましたが、この2つを組み合わせると最強なんじゃないかと思ってます。

デスクワークが多く、仕事以外も座ってることが多いエンジニアは他の職業に比べると「運動不足」だと思っています。そういうときに自分1人で一番手軽にできるのが「筋トレ」です。座っている時間が長いので筋トレとの相性が抜群なんですね。

また、両方とも「長く続けないと結果がでない」という点が似ています。地道に積み重ねることで大きなメリットが返ってきます。逆に続けないと意味がなく、もったいない状況になってしまう可能性もあります。

中途半端にやっても意味がないのでやるなら本気でやる必要がありますが、先の見えない学生・フリーター・ニート・社会人だれにでも今からできると思っています。

終わりに

プログラミングは仕事(= 収入源)を与えてくれ、筋トレは仕事以外の面に大きなメリットを与えてくれます。お金・技術力・自信・健康を一気に手にできる大きなチャンスです。

もっと話を聞いてみたい方がいたらぜひTwitterの方に連絡ください。