フリーランスになりたければエンジニアがおすすめな理由

f:id:hc0208:20180204102923j:plain

フリーランスとしてやってみたい」そう思ったことはありますか?

僕はありました。もともとプログラミングをはじめた理由が「自分1人で生きていけるだけのスキルが欲しかった」という理由なんですね。

スキルで勝負するのがフリーランスだと思っていたので、プログラミングをはじめた時からフリーランスになってみたいなとはぼんやり思っていました。

実際、フリーランス的な活動もしていて多い時は月に40~50万円ほどの収入がありました。

どうやってなったかはこちらの記事にまとめてありますのでもしよければご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

いろいろなフリーランスがいますが、僕はエンジニアになるのがすごいおすすめだと思います。

といっても人によってエンジニアの適性がある人・ない人いると思うので全員におすすめできるわけではありませんが、プログラミングにチャレンジしてみて、一瞬でも「時間をわすれてコードを書いた経験」があれば十分にフリーランスとして活躍できると思います。

今回はなぜエンジニアがフリーランスとしておすすめなのか僕の考えをまとめてみました。

仕事がたくさんある

他のブログの記事でも取り上げていますが、エンジニアは足りないと言われています。

コードを書いたことない未経験の文系の人も簡単になれるぐらいですから、足りてないといえるでしょう。 文系がエンジニアになれるかという記事はこちらにまとまっています。

hc0208.hatenadiary.jp

足りないということはそれだけ仕事があるわけです。企業に勤めてる友人たちに話をきくと「業務委託で契約している人(= フリーランス)がいる」という答えが返ってくることが多いです。

それでもまだ人がほしいと言ってるところが多いので実力があれば簡単になれるでしょう。

比較的安定している

フリーランスエンジニアは他のフリーランスに比べて、比較的安定している方だと思います。

もちろん実力(人柄や仕事を受注する能力含め)があればあるほど安定すると思いますが、そこまで高くなくても安定している印象です。

他のフリーランスは案件がないと収入が途絶えてしまうので不安も多くあると聞いたことがありますが、エンジニアの場合案件が豊富なので他のフリーランスに比べると比較的安定していると言っていいと思います。

ただし、実力不足だと案件がないということは普通にあるので、実力はなければなりません。

常駐できる

一つの企業で長くフリーランスをやっているという方も見受けられます。

ここまでくると社員のような感じになってしまいますが、こういった働き方ができるのもエンジニア特有かなと思います。

もちろんその企業で働いているのと変わらないので、仕事がなくなる心配もありません。

そこの会社が気に入ってそのまま社員になる場合もあるみたいです笑

エージェントが豊富

エンジニアの案件を仲介してくれるエージェントも豊富です。

僕は利用したことがないのですが、レバテックフリーランスフリエンはおすすめかなーと思います。

furien.jp

いろいろな案件があるので、実力があればすぐにでも働き始められそうです。

ちなみに僕はエージェントを通さず、友人からの紹介でフリーランス的な活動をやっていましたので、その話も機会があればしようかなと思います。

リモートワーク可能

エンジニアは人と会わなくても仕事ができるので、リモートワークが可能です。東京で働かなくても大きな仕事が離れたところからできたりします。

そして、田舎で働いているエンジニアとして有名な方もけっこういたりします。

一般的にフリーランスというとリモートワークで優雅に暮らしているというのを想像することが多いと思うので、そういった生活も簡単に目指せるのがエンジニアのいいところかなと思います。

ただ、人と関わることが減るので、それが寂しくてまた企業で働き始めたという方もいたりするので、リモートワークが自分に合ってるか見定めた方がいいかもしれません。

終わりに

今回はフリーランスとしてエンジニアがおすすめな理由をまとめてみました。

未経験からでも努力次第で数年でなれたりしますし、多様な働き方が受け入れられはじめている今フリーランスを目指してみるのもいいかもしれません。

もっと話が聞いてみたい方、フリーランスになるにあたって悩みがある方などいましたらぜひTwitterの方に連絡ください。