Rails初心者向けにおすすめの技術書5選

f:id:hc0208:20180218094108j:plain

僕は普段Railsを触っているのですが、今まで読んだ技術書がいろいろあります。

その中でRailsをやろうと思っている初心者やプログラミング初心者におすすめできる技術書をまとめました。

Railsをやろうと思った時に、「プログラミングを全くやったことない人(完全未経験)」向けにおすすめできる本は個人的にはないのでProgateなどでRuby・Railsをやったあとにこういった本を読むのがいいと思います。

技術書以外に大学生向けに書いたおすすめの本はこちらにまとまっています。

hc0208.hatenadiary.jp

プロを目指す人のためのRuby入門

Ruby初心者向けに書かれた本です。Railsをやっていく上でRubyは知らないといけないので必ずどこかのタイミングで本格的に勉強する必要があります。そのときにおすすめな本です。

Ruby on Rails 5 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

Rails初心者向けに書かれた本で、Railsのバージョン5に対応しています。

Progateでやった内容の復習にもなるので終わった後に一読してみるのがおすすめです。

Progateが終わっていきなりオリジナルアプリケーションを作りたいという人もいると思いますが、いざやるとなるとなかなか難しいと思います。相談できなくて困っている人は僕が相談に乗れたりするかもしれないので気軽にTwitterに連絡ください。

スッキリわかるSQL入門

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

Railsをやる上でかかせないのが SQLです。

「クエリがチューニングされてるか確認するためにexplainをつかう」なんてことはRailsを使って業務をしていく上でよくあると思います。そういう時にSQLを知らないとつらい部分があるので僕はやるのをおすすめしています。

ActiveRecordは最高に便利なORMなのですが、難しいこと・複雑なことをやろうとするときに少しつらくなったりするなと個人的には思っています。

ActiveRecordからどんな SQLが発行されるかぐらいは最低でも知っておいた方が今後楽です。

リーダブルコード

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (138件) を見る

わかりやすく・美しいコードを書くことはプログラマに求められることの1つだと思っています。そんなときに役立つのがこのリーダブルコードです。

全プログラマが読むべき本と言われていて、どの人もこの本はおすすめしていますね。

僕自身、コードの美しさにはこだわっていてこういう本を読んだことは自分にとってプラスになっています。

かんたん合格基本情報技術者教科書

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

Railsをやる上で裏の基礎知識はまだまだ必要な時代なので、基本情報技術者や応用情報技術者レベルの知識は持っていた方がいいと思っているのでこういった本で知識を身につけるのをおすすめしています。

試験のメリットや勉強方法などは他の記事にまとまっているのでもし興味があればご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

終わりに

今回は初心者向けに5つに絞っておすすめの本をピックアップしました。他にもおすすめな本はあるのでまた別の機会にまとめようと思います。

オリジナルサービスをつくりたいけど相談できる人がいない、プログラミングをはじめてつまっているという人は僕でよければアドバイスできるかもしれないので気軽にTwitterにメッセージください。