エンジニアが毎日を好調に過ごすための体調管理法

f:id:hc0208:20180215102230j:plain

エンジニアは他の仕事よりも頭に高い負荷をかけ集中力が求められる仕事だと思います。

「なんとなく今日は気分が乗らない」「今日は集中できる日だ」という感じで集中力にむらがある人がよくまわりにいます。(僕もそうです笑)

また、エンジニアは座っている時間が長いため運動不足な人も多いと思います。

そのためかエンジニアは体調を崩す人も多い気がします。(僕の感覚では笑)

エンジニアである僕自身最近いろいろなことを試して集中力や調子をキープし続ける方法を考えていたのですが、今回はやって効果があったことを紹介したいと思います。

筋トレ

まずは僕が一番推している筋トレです。プログラミングと筋トレをすれば人生が変わる(なんか怪しい笑)と割と本気で思っているぐらい筋トレのメリットは大きいと思っています。

エンジニアが筋トレを本格的にしているというのはあまりイメージがないと思いますが、座っている時間が長いエンジニアは運動不足であることが多く、筋トレとの相性が抜群だと考えています。

筋トレを始める前は毎年のように体調を崩していたのですが、筋トレを始めてからは体調を崩すことがなくなりました。

メリットに関しては他の記事にもまとまっているのでぜひご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

野菜をとる

健康のためには1日350gの野菜をとらなければいけないと言われています。外食中心の食生活の人だと、意識的にとらないと350gという量はとれないとおもっています。

ここまでやる必要はないかもしれませんが、僕は350gという量がだいたい想像できるように、スーパーの惣菜売り場で売られている野菜をみて、だいたいどれぐらいが350gなのかイメージできるようにしています笑笑(裏にグラム数が書いてある)

野菜をとる・とらないで体調がかわったので意識的にとるのをおすすめします。

米中心の生活

パンや麺中心の生活になっている人も多いかと思います。

原料の小麦に含まれるグルテンが人によっては体によくないと言われていたりするみたいです。

toyokeizai.net

テニスプレーヤーのジョコビッチが実践している小麦抜き食事法「グルテンフリー」という言葉も聞いたことがある人がいるのではないでしょうか。

僕自身、麺中心の生活をしていた時期がありましたが、そこから米中心の生活に変えたことで体調がよりよくなったという経験があります。

僕はよくなりましたが、人によって小麦が合うか合わないかということも変わってくると思うので、あくまで自己判断でお願いします。

リズムを整える

毎日同じリズムで過ごすのもおすすめです。夜型なイメージのあるエンジニアはついつい寝るのが遅くなってしまったりすることがあると思います。夜型でも毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きればいいと思っているので、自分に合うリズムをみつけて崩さないことをおすすめします。

経験上、休日も同じリズムがベストですね。毎日同じリズムで過ごせればなんとなく月曜が憂鬱だということもなくなります。

ときどきリフレッシュ

毎日同じところで作業していると、集中力が落ちてしまったり、だれてしまったりする経験って誰しもあると思います。

そういったときに少しリフレッシュして外で作業したりすると気分が変わっていいです。

モニターを使わない

これもだいぶ推したいです。

エンジニアは複数のモニターを使って作業している人が多いですが、僕はモニターを使うのをやめてから目にくる負担がだいぶ減りました。ブルーライトカットをしているのですが、ずっと作業していると目の裏のあたりがどうしても重くなって、睡眠に影響がでたりします。

僕自身今でも裸眼で視力がいいから負担がくるのかもしれないので、他の人にどう影響するかわからないのですが、僕は変わったのでおすすめしたいです。

いい睡眠が得られるようになりました。

気分の問題!?

「野菜をとる」や「米中心の生活にする(= グルテンフリーをこころがける)」なんかは気分の問題だと思う人もいると思います。僕自身基本的に信じないタイプなので、少し疑っていたりもしています笑

ただ、実践した結果いい結果が得られたのであれば、気分の問題でもいいと思うんですよね。

何もせずに気分を変えることって難しいと思うので笑

合う合わない・変わる変わらないは人によって変わると思うので自分でベストな方法を探すのが一番だと思います。

終わりに

僕がやってきてよかったことをまとめましたが、人によっては効果が得られなかったり、他により効果が得られるものがあったりすると思うので、自分に合う方法を探すのがベストだと思います。

他に聞きたいこと、相談したいことなどがあれば、気軽にTwitterの方に連絡ください。