Qiitaでいいねの集まりやすい記事はどういう記事か

f:id:hc0208:20180217110413j:plain

エンジニアは日頃からQiitaにお世話になっていると思います。

Qiitaで情報発信している人も多いでしょう。僕も情報発信するようにしていていくつかの記事を公開しています。

qiita.com

僕自身あまり「いいね」の数にはこだわっていないという記事を書いたことがあります。

hc0208.hatenadiary.jp

ただ、「いいね」が集まりやすい記事はどんな記事なのかわかってきました笑

読まれやすそうな記事を書くために意識するだけで、「いいね」を集めるためにQiitaに投稿しているわけではないのですが、どういう記事が伸びやすいかわかってきたので僕の考えをまとめたいと思います。

なにかしらのまとめ記事

便利なショートカットをまとめたりとか、Webサービスを作るときの注意点をまとめたりする「まとめ記事」は伸びやすい傾向にあると思います。

僕が書いた記事もまとめっぽい記事は伸びています。

ブログのまとめ記事は全然伸びないですが...笑

余談ですが、ブログはお金系の記事がよく伸びています。特にWealthNaviの記事ですね。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

新しい技術に関する記事

情報が新しかったりすると伸びやすい印象です。例えば、Rails5.2の新機能を出る前にさくっとまとめたり、最近流行っているツールなどを紹介するといった感じですかね。

僕自身そういった記事はかけていないので、もっとアンテナをはりめぐらせる&勉強するを辛抱強く続けてこういった新しい技術に関するアウトプットも出せるようにしたいとは思っています。

デザイン系の記事

僕のQiitaのview数をみると、Railsに関する記事よりフロントやデザインに関する記事の方が多くの人にみられる傾向にあります。

デザインができるエンジニアはなかなかみたことないので、デザインで悩んでいる・興味があるエンジニアも多くいるのかもしれません。

僕の強みの1つとして「デザインもある程度はできる」というのがある(最低限できるだけで、デザイナー並みにできるわけではないです。デザイナーは本当に尊敬しています。)ので、1人でサービスを作りたいエンジニアにとってはプラスな情報を発信できると思っているので、のちのちまた記事を書きたいと思っています。

初心者向けの記事

初心者向けの記事は伸びやすいです。当たり前ですけど、上級者・中級者より初心者が圧倒的に多いからだと思います。単純に母数の問題かなと。

初心者向けの記事は初心者にしかかけない部分もあるとは思っているので、どんどん情報発信したほうがいいと思っています。詳しくは以下の記事でも触れています。

hc0208.hatenadiary.jp

おわりに

僕が書いた記事の中で「いいね」の多い記事は何かしらの点で上で紹介した記事に当てはまっているなと思うことがあります。

こういった記事たちです。

qiita.com

qiita.com

qiita.com

アウトプットするときに少し伸びやすそうな記事によせてみると多くの人に読まれる記事になるかもしれません。

もっと聞きたいことや相談したいことがあればぜひTwitterのほうに連絡ください。