内定が欲しい大学生は就活前からどんどん行動するべき3つの理由

就職活動が解禁しましたね。

僕自身1年前に就職活動を行ったっていたのでもう1年たったのかという思いになっています笑

内定が欲しい大学生は就活前、大学1, 2年生のころからどんどん行動していくべきだと思っているのでその理由についてまとめてみました。

どんどん行動する

個人的には大学1, 2年の頃から就職活動ははじまっていると思っています。解禁日より前からはじまっているところなんていくつもありますし、大学1, 2年を採用する企業もいくつもあります。

僕がお世話になっていた会社もそんな感じでしたね笑

就職活動を明確に意識する必要があるとは思っていませんが、将来について考え、行動するのはいつでもできると思うので思いついたことはどんどん行動に起こしていくといいと思います。

あくまで一例ですが、プログラミングをはじめてみたりするのはおすすめです。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

ちなみに行動力の重要性に関しては、堀江貴文さんの著書「多動力」に重なっている部分が多くあるかなと思います。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

  • 作者: 堀江貴文,星井博文,三輪亮介
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

理由①:どんな仕事をしたいかわからない人が多い

そもそも〇〇になりたいと明確に思っている人はそんなにいないんじゃないかなと思っています。(僕がそうだったので笑)

どんな仕事をしたいかわからないからとりあえず有名企業に就職したいと思っていたり、残業が少ないところで働きたいと思っていたりする人がほとんどだと思います。

自分がやりたいと思った仕事でお金を稼ぐのが一番だと思うので、そういった仕事に出会うために早いうちから行動するのおすすめです。

OBがどんな仕事をしてるのか聞いたり、インターンなどで実際に働いてみたりするのは1, 2年生のころからできるのでまずはそういうところからはじめるといいと思います。

理由②:大学内での経験だけでは差別化できない

大学内で過ごしているだけでは、周りとなかなか差別化ができない・やりたいことも見つかりにくいので大学外にも足を伸ばしていくといいと思います。

足を伸ばすといってもいろいろあるので、特にスキルが身についたり、年上(社会人)の人と関わりがもてる何かをするのがいいかなと思います。

ただ、大学内でなにかに打ち込むことも大切だと思うので、夢中になれるものがある人はそっちを中心にやっていくのもいいと思います。夢中になれるものがある = やりたいことがある ってことだと思うのでそもそもやりたいことや仕事が見つかってる人が多いかもしれないですね。

理由③:視野が狭くなってしまう

行動せずただただ過ごしているだけだと、新しい見方や新しい刺激などが少なく、どうしても視野が広がりにくいと思います。

視野を広げることで自分のやりたいことがみつかってくると思うので、大学外での繋がりも持つようにするのがおすすめです。

終わりに

どんどん行動していくことで今まで見えなかったものが見えてきたり、やりたいことが見つかったりとたくさんの刺激を受けることができるのでどんどん行動するのおすすめです。

就職活動に関しては他の記事でも紹介しているのでもしよければご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

もっと話が聞きたい、相談がしたいなどありましたら気軽にTwitterのほうに連絡ください。