QiitaにGoogle アナリティクスを入れてみて1ヶ月がたった結果

f:id:hc0208:20180125213602p:plain

QiitaにGoogleアナリティクスをいれてちょうど1ヶ月が経ちました。

結果は以上の画像のような感じです。

入れてみてわかったこと、感じたことを書いてみたいと思います。

どんな感じの記事があるのか

そもそも僕がどういった記事を投稿しているのかはQiitaをみればわかります。

hc0208.hatenadiary.jp

前回の記事↑でも少し紹介しましたが、一度バズった記事や、根強く読まれている記事があり、Contribution数も比較的多い方なので、検索に有利な記事がいくつかあるなーという印象です。

どのページがよくアクセスされているか

とりあえず気になったのはどのページがよくアクセスされているんだろうということでした。Contributionが多い記事は検索にも引っかかりやすいだろうなという仮説はありましたが、実際の数字までは気にしたことがなかったので今回はじめてわかりました。

結果は以下の画像の通りです。

f:id:hc0208:20180125214343p:plain

上位5つを紹介したいと思います。

1 非デザイナーがWebサイトをおしゃれに作るためにやったこと

qiita.com

2 【初心者向け】これからRailsエンジニアとして成長したい人がすべきこと

qiita.com

3 【簡単】GithubでWebサイトを公開する2つの方法

qiita.com

4 マイページ

qiita.com

5 RailsアプリをGAEにデプロイしCloudSQL, CloudStorageと連携させる

qiita.com

4のマイページや5の最近投稿した記事を除くと「いいね」が多いものがやはり評価されやすいようです。

view数が多いのは?

これは Google アナリティクスは関係ないのですが、Qiitaに表示されるview数をみてみると、僕がよく投稿するRails関係のviewは少なく(200view前後)、デザイン関係の投稿のviewは多い(6000veiw ~)のがわかりました。

初心者向けのRails記事のviewもそこそこあり(5000view ~)、デザイン関連や、初心者向けの記事が人気があるのがわかります。

検索流入が多い

検索で僕の記事にたどりつく人が一番多いようです。

投稿直後のview数などをみているとサイト内からのアクセスも最初は多くありますが、そこで「いいね」をもらえないとなかなかview数が伸びないなという印象です。

Qiitaの記事はよくGoogleに評価されいるので最近投稿するようになったこのブログもぜひ評価していただきたいなーとぼんやり思っております笑

終わりに

ちょうど1ヶ月がたったのですが、意外といろいろとわかることがあり、入れてみてよかったなと思います。

まだ入れていない方がいたらlぜひ入れてみてはいかがでしょうか。

もっと話が聞きたいという方や、プログラミングについて聞きたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひTwitterのほうに連絡ください。