プログラミング初心者は作りたいものがあってもなかなか作れない

f:id:hc0208:20180220101123j:plain

「Progateなどでプログラミングを学びはじめて、一通り学んで一応理解はしてるけど、いざなにか作ろうと思ってもなかなか作れない」こういった経験を持っている方って結構多いのではと思ったりしています。

次何していいかわからなかったりしますよね。

大丈夫です。それは正常な状態なので焦る必要はなくきちんとしたステップを踏むことでちゃんと作りたいものが作れる状態になります。

今回はそういった方向けに「作りたいものが作れるようになるために何をすればいいのか」僕がやってきたコツを紹介したいと思います。

1周するだけでは身につかない

そもそも、よほど地頭がよくない限りはなにかしらのカリキュラムを1周するだけでは足りないと僕は思っています。

2周、3周はする必要があります。逆に言うと1周目に完璧に理解しようとする必要は全くなくて、どれだけ考えても理解できないことってあると思うのでそういったところは一度割り切って進んでいくことが大切です。

1周目に理解できなかったところが、2周目になぜかすんなり理解できたということはけっこうあるので1周目は70%~80%の理解で進んでいくことが挫折しないためのコツです。

見ないでかけるレベルまで繰り返す

プログラミングを学ぶ際、サンプルプログラムで学んだり問題を解いたりすることがあると思います。そのサンプルプログラムを見ないでかけるレベルまで繰り返すのが大切です。

頭では理解していてもいざなにも見ないで書こうとすると書けないことがほとんどだと思います。まずはチラ見でいいので少しずつ見ないでかけるコードを増やしていき、50~80行ぐらいのサンプルコードをみないでかけるレベルまで持っていくことが大切です。

繰り返しやっていると、途中でコードを覚えてしまうと思いますがそれで問題ありません。

見ないでかけるようになったころにはなぜか「なにかつくれそうな気持ち」になってます笑

誰かに聞く

周りにエンジニアの友だちがいれば、つまっている部分やこれからどうしたらいいのかなど聞くといいと思います。

プログラミングをして行くうえでメンターの存在は結構大事だと思っていて、わからない時に相談にのってくれる人がいるのは相当大きいです。

そうはいってもなかなかエンジニアをやっている人は少なかったりするので、その場合は僕でよければ相談にのれるかもしれないのでまずは気軽にTwitterの方に連絡ください。

サンプルアプリに手を加える

サンプルアプリに自分で考えたコードをプラスするのもいいと思います。

少し自分なりにアレンジし直してみたりすることで理解が深まります。

いきなり0→1で作ろうとするはハードルが高いので、まずはサンプルアプリをアレンジすることからはじめるといいでしょう。

終わりに

共通して言える大事なことは手を動かしつづけることなので、工夫をしながら手を動かしつづけましょう。そうすることでだんだん作りたいものが作れるようになってくると思います。

そのレベルをクリアしたら技術書も買って読んでいいと思います。Rails初心者向けのおすすめの技術書は以前まとめたので、興味がある方はぜひご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

何をやるか悩んでいる人もいると思うのでそういったかたはこちらの記事も合わせてご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

僕がブログを毎日書き始めた理由と続けるコツ

f:id:hc0208:20180219103410j:plain

ブログを毎日書き始めて約3週間が経ちました。

なぜ急に毎日ブログを書き始めるようになったのかその理由と毎日続けるコツについて書いていきたいと思います。

そろそろネタ切れになってきたのでこういうことを書きます笑

理由

時間が1, 2時間空いていた

僕は最近毎日だいたいこのようなスケジュールで生活しています。

時間 行動
9:00 起床
9:30 ~ 10:30 ブログ執筆
11:00 ~ 12:00 ジムで筋トレ
12:30 ~ 00:00 コーディング
2:00 就寝

少し前まで「ブログ執筆」はなく朝の1, 2時間が空いてる状態でした。そんなときに朝の1, 2時間でブログを毎日書いてみるのは面白いんじゃないかと思ったんですね。

とりあえず毎日3ヶ月情報発信し続けたら何か変わるんじゃないかそう思ってやり始めました。

ネタ切れを感じているので3ヶ月続くかわかりませんが笑

経験を発信しないのはもったいないと感じた

自分がこれまで考えたこと・経験したことを発信しないのはもったいなと思ったという理由もあります。

「大学生のうちにやってよかったな」「こういうことを早めに知っておきたかったな」ということが山ほどあります。そういうことに関して情報発信することで次なる世代に僕の考えや経験を残しておこうという考えです。

また、僕のブログを読んで少しでもプログラミングや筋トレに興味を持ってくれたりしたら、これ以上に書いててよかったと思うことはないかなと思います。

「プログラミング × 筋トレ」だとこういう記事もあるのでよかったら参考にしてください。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

コツ

毎日同じ時間に書く

ブログを毎日続けるのはなかなか難しいことだと思います。そういったときに習慣化することで毎日かけてるなと思うので習慣化はおすすめです。

僕であれば起きたら1時間で1500字~2000字以上のブログを1記事書くと決めていて、体が勝手にパソコンに向かっています笑

特に何も考えず体がもう勝手に向かってる状態が作れれば、毎日続けられます。ちなみに筋トレも同じような感じです。

ブログも筋トレもプログラミングも何をするにも毎日続けないと結果ってなかなかでないと思うんですよね。

例えば、月50万円稼ぐエンジニアになりたいと思ってもそれは同じで続けないとなれないです。詳しくはこちらに書いてあります。

hc0208.hatenadiary.jp

ネタをストックしておく

毎日同じ時間に書こうと思っても書くネタがないとかけないですよね。なので僕は書くネタが浮かんだら下書きにストックしています。

毎日なにかしらをインプットし続けていれば、アウトプットをブログに書くということができるので、ネタに困ることはないかなと思っています。

ただ、今僕はネタに困っているので最近インプットが少ないということですね笑

終わりに

続けるには習慣化が手っ取り早いのでこれからやろうと思っている人は毎日同じ時間にやってみるといいと思います。コツは何も考えずに向かうことです笑

もっと聞きたいことや相談したいことがあれば気軽にTwitterのほうに連絡ください。

Rails初心者向けにおすすめの技術書5選

f:id:hc0208:20180218094108j:plain

僕は普段Railsを触っているのですが、今まで読んだ技術書がいろいろあります。

その中でRailsをやろうと思っている初心者やプログラミング初心者におすすめできる技術書をまとめました。

Railsをやろうと思った時に、「プログラミングを全くやったことない人(完全未経験)」向けにおすすめできる本は個人的にはないのでProgateなどでRuby・Railsをやったあとにこういった本を読むのがいいと思います。

技術書以外に大学生向けに書いたおすすめの本はこちらにまとまっています。

hc0208.hatenadiary.jp

プロを目指す人のためのRuby入門

Ruby初心者向けに書かれた本です。Railsをやっていく上でRubyは知らないといけないので必ずどこかのタイミングで本格的に勉強する必要があります。そのときにおすすめな本です。

Ruby on Rails 5 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

Rails初心者向けに書かれた本で、Railsのバージョン5に対応しています。

Progateでやった内容の復習にもなるので終わった後に一読してみるのがおすすめです。

Progateが終わっていきなりオリジナルアプリケーションを作りたいという人もいると思いますが、いざやるとなるとなかなか難しいと思います。相談できなくて困っている人は僕が相談に乗れたりするかもしれないので気軽にTwitterに連絡ください。

スッキリわかるSQL入門

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

Railsをやる上でかかせないのが SQLです。

「クエリがチューニングされてるか確認するためにexplainをつかう」なんてことはRailsを使って業務をしていく上でよくあると思います。そういう時にSQLを知らないとつらい部分があるので僕はやるのをおすすめしています。

ActiveRecordは最高に便利なORMなのですが、難しいこと・複雑なことをやろうとするときに少しつらくなったりするなと個人的には思っています。

ActiveRecordからどんな SQLが発行されるかぐらいは最低でも知っておいた方が今後楽です。

リーダブルコード

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (138件) を見る

わかりやすく・美しいコードを書くことはプログラマに求められることの1つだと思っています。そんなときに役立つのがこのリーダブルコードです。

全プログラマが読むべき本と言われていて、どの人もこの本はおすすめしていますね。

僕自身、コードの美しさにはこだわっていてこういう本を読んだことは自分にとってプラスになっています。

かんたん合格基本情報技術者教科書

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

Railsをやる上で裏の基礎知識はまだまだ必要な時代なので、基本情報技術者や応用情報技術者レベルの知識は持っていた方がいいと思っているのでこういった本で知識を身につけるのをおすすめしています。

試験のメリットや勉強方法などは他の記事にまとまっているのでもし興味があればご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

終わりに

今回は初心者向けに5つに絞っておすすめの本をピックアップしました。他にもおすすめな本はあるのでまた別の機会にまとめようと思います。

オリジナルサービスをつくりたいけど相談できる人がいない、プログラミングをはじめてつまっているという人は僕でよければアドバイスできるかもしれないので気軽にTwitterにメッセージください。

Qiitaでいいねの集まりやすい記事はどういう記事か

f:id:hc0208:20180217110413j:plain

エンジニアは日頃からQiitaにお世話になっていると思います。

Qiitaで情報発信している人も多いでしょう。僕も情報発信するようにしていていくつかの記事を公開しています。

qiita.com

僕自身あまり「いいね」の数にはこだわっていないという記事を書いたことがあります。

hc0208.hatenadiary.jp

ただ、「いいね」が集まりやすい記事はどんな記事なのかわかってきました笑

読まれやすそうな記事を書くために意識するだけで、「いいね」を集めるためにQiitaに投稿しているわけではないのですが、どういう記事が伸びやすいかわかってきたので僕の考えをまとめたいと思います。

なにかしらのまとめ記事

便利なショートカットをまとめたりとか、Webサービスを作るときの注意点をまとめたりする「まとめ記事」は伸びやすい傾向にあると思います。

僕が書いた記事もまとめっぽい記事は伸びています。

ブログのまとめ記事は全然伸びないですが...笑

余談ですが、ブログはお金系の記事がよく伸びています。特にWealthNaviの記事ですね。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

新しい技術に関する記事

情報が新しかったりすると伸びやすい印象です。例えば、Rails5.2の新機能を出る前にさくっとまとめたり、最近流行っているツールなどを紹介するといった感じですかね。

僕自身そういった記事はかけていないので、もっとアンテナをはりめぐらせる&勉強するを辛抱強く続けてこういった新しい技術に関するアウトプットも出せるようにしたいとは思っています。

デザイン系の記事

僕のQiitaのview数をみると、Railsに関する記事よりフロントやデザインに関する記事の方が多くの人にみられる傾向にあります。

デザインができるエンジニアはなかなかみたことないので、デザインで悩んでいる・興味があるエンジニアも多くいるのかもしれません。

僕の強みの1つとして「デザインもある程度はできる」というのがある(最低限できるだけで、デザイナー並みにできるわけではないです。デザイナーは本当に尊敬しています。)ので、1人でサービスを作りたいエンジニアにとってはプラスな情報を発信できると思っているので、のちのちまた記事を書きたいと思っています。

初心者向けの記事

初心者向けの記事は伸びやすいです。当たり前ですけど、上級者・中級者より初心者が圧倒的に多いからだと思います。単純に母数の問題かなと。

初心者向けの記事は初心者にしかかけない部分もあるとは思っているので、どんどん情報発信したほうがいいと思っています。詳しくは以下の記事でも触れています。

hc0208.hatenadiary.jp

おわりに

僕が書いた記事の中で「いいね」の多い記事は何かしらの点で上で紹介した記事に当てはまっているなと思うことがあります。

こういった記事たちです。

qiita.com

qiita.com

qiita.com

アウトプットするときに少し伸びやすそうな記事によせてみると多くの人に読まれる記事になるかもしれません。

もっと聞きたいことや相談したいことがあればぜひTwitterのほうに連絡ください。

大学生におすすめの本5選

f:id:hc0208:20180216104306j:plain

自分のために使える時間が長い大学生のうちにたくさん本を読むことはこれからの人生にプラスになると考えています。今いろいろな本を読んでおくと、自己投資になるのでのちのちの人生に生きてくるなとも思います。

僕自身、そこまでたくさん本を読むわけではありませんが、月に1, 2冊ぐらいは読むので今回はその中でも特におすすめできる本を大学生向けに紹介します。

普段から絶対に読んだ方がいいといろいろな人に勧めている本たちです。

1. 嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

題名から想像される内容とは違い、「アドラー心理学」に関することがまとまった本です。

固い内容ではなく、対話形式なので小説を読んでいるかのようにスラスラと読むことができます。

僕の人生に一番衝撃を与えた一冊です。まだ読んだことがない人はこの本だけは本当に読んでください笑

また、続編の幸せになる勇気もおすすめです。

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

2. お金2.0

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

新しい経済や生き方に関する内容がまとまった本です。ここ最近で一番読んで良かったと思う本です。

これからどういう世の中になっていくのか、そういう世の中になったときに僕たちはどう生きていけばいいのか考えさせられる内容になっています。

僕はたまたま発売日に読んで、絶対に売れると確信しました笑

本当に今売れに売れているらしいです。

本を読むとわかるのですが、個人の価値を高めたい方はエンジニアになるのも1つの選択肢としていいかもしれません。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

3. 筋トレが最強のソリューションである

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

僕は他の記事でも紹介している通り、筋トレとプログラミングをやれば人生逆転できると思っているのですが、その筋トレのメリットがよくまとまっている本です。極端かもしれませんが、筋トレをすれば人生イージーです。

hc0208.hatenadiary.jp

日々を好調で過ごすためにかかせない要素になっています。

hc0208.hatenadiary.jp

4. ゼロ秒思考

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

メモ書きの本です。本の内容もいい内容がかいてありますが、一番のポイントはメモ書きです。

頭をよくするためのトレーニングとしてメモ書きを勧めています。

5. 反応しない練習

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

嫌われる勇気と似ている内容ですが、こちらもおすすめです。

ブッダの考えを現代に生かせる形で丁寧にまとめられています。実践的な内容なので今すぐにでも取り入れられる内容があると思います。

終わりに

今回紹介した本はどれも夢中で読めた本でした。人生のバイブルとして家に飾ってあります笑

本当におすすめなので一度読んでみるのをおすすめします。

もっと話が聞いてみたいと思った方はぜひTwitterのほうに気軽に連絡ください。

エンジニアが毎日を好調に過ごすための体調管理法

f:id:hc0208:20180215102230j:plain

エンジニアは他の仕事よりも頭に高い負荷をかけ集中力が求められる仕事だと思います。

「なんとなく今日は気分が乗らない」「今日は集中できる日だ」という感じで集中力にむらがある人がよくまわりにいます。(僕もそうです笑)

また、エンジニアは座っている時間が長いため運動不足な人も多いと思います。

そのためかエンジニアは体調を崩す人も多い気がします。(僕の感覚では笑)

エンジニアである僕自身最近いろいろなことを試して集中力や調子をキープし続ける方法を考えていたのですが、今回はやって効果があったことを紹介したいと思います。

筋トレ

まずは僕が一番推している筋トレです。プログラミングと筋トレをすれば人生が変わる(なんか怪しい笑)と割と本気で思っているぐらい筋トレのメリットは大きいと思っています。

エンジニアが筋トレを本格的にしているというのはあまりイメージがないと思いますが、座っている時間が長いエンジニアは運動不足であることが多く、筋トレとの相性が抜群だと考えています。

筋トレを始める前は毎年のように体調を崩していたのですが、筋トレを始めてからは体調を崩すことがなくなりました。

メリットに関しては他の記事にもまとまっているのでぜひご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

野菜をとる

健康のためには1日350gの野菜をとらなければいけないと言われています。外食中心の食生活の人だと、意識的にとらないと350gという量はとれないとおもっています。

ここまでやる必要はないかもしれませんが、僕は350gという量がだいたい想像できるように、スーパーの惣菜売り場で売られている野菜をみて、だいたいどれぐらいが350gなのかイメージできるようにしています笑笑(裏にグラム数が書いてある)

野菜をとる・とらないで体調がかわったので意識的にとるのをおすすめします。

米中心の生活

パンや麺中心の生活になっている人も多いかと思います。

原料の小麦に含まれるグルテンが人によっては体によくないと言われていたりするみたいです。

toyokeizai.net

テニスプレーヤーのジョコビッチが実践している小麦抜き食事法「グルテンフリー」という言葉も聞いたことがある人がいるのではないでしょうか。

僕自身、麺中心の生活をしていた時期がありましたが、そこから米中心の生活に変えたことで体調がよりよくなったという経験があります。

僕はよくなりましたが、人によって小麦が合うか合わないかということも変わってくると思うので、あくまで自己判断でお願いします。

リズムを整える

毎日同じリズムで過ごすのもおすすめです。夜型なイメージのあるエンジニアはついつい寝るのが遅くなってしまったりすることがあると思います。夜型でも毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きればいいと思っているので、自分に合うリズムをみつけて崩さないことをおすすめします。

経験上、休日も同じリズムがベストですね。毎日同じリズムで過ごせればなんとなく月曜が憂鬱だということもなくなります。

ときどきリフレッシュ

毎日同じところで作業していると、集中力が落ちてしまったり、だれてしまったりする経験って誰しもあると思います。

そういったときに少しリフレッシュして外で作業したりすると気分が変わっていいです。

モニターを使わない

これもだいぶ推したいです。

エンジニアは複数のモニターを使って作業している人が多いですが、僕はモニターを使うのをやめてから目にくる負担がだいぶ減りました。ブルーライトカットをしているのですが、ずっと作業していると目の裏のあたりがどうしても重くなって、睡眠に影響がでたりします。

僕自身今でも裸眼で視力がいいから負担がくるのかもしれないので、他の人にどう影響するかわからないのですが、僕は変わったのでおすすめしたいです。

いい睡眠が得られるようになりました。

気分の問題!?

「野菜をとる」や「米中心の生活にする(= グルテンフリーをこころがける)」なんかは気分の問題だと思う人もいると思います。僕自身基本的に信じないタイプなので、少し疑っていたりもしています笑

ただ、実践した結果いい結果が得られたのであれば、気分の問題でもいいと思うんですよね。

何もせずに気分を変えることって難しいと思うので笑

合う合わない・変わる変わらないは人によって変わると思うので自分でベストな方法を探すのが一番だと思います。

終わりに

僕がやってきてよかったことをまとめましたが、人によっては効果が得られなかったり、他により効果が得られるものがあったりすると思うので、自分に合う方法を探すのがベストだと思います。

他に聞きたいこと、相談したいことなどがあれば、気軽にTwitterの方に連絡ください。

プログラミング初心者におすすめの言語は?

f:id:hc0208:20180214103847j:plain

プログラミングをはじめようとするときなんの言語を選ぶかってけっこう重要だと思っています。

大学の授業で強制的にCやJavaなどの言語をやらされない限り、自分で言語を選んでプログラミングをやっていかないといけないですよね。

そういったときにどういう言語を選べばいいのか僕なりの考えをまとめてみたいと思います。

何を作りたいかによって変わる

作りたいものがある場合、その作りたいものによって選ぶべき言語は変わってきます。

iOSアプリ

iOSアプリを作りたい場合は、Swiftという言語を選択する必要があります。Swiftは比較的新しい言語で、Appleが開発した言語です。

言語自体も扱いやすい印象なので、iOSアプリを作りたいと思ってる初心者にはおすすめな言語です。

また、ReactNativeを用いるとJavaScriptでも作れたりします。

Androidアプリ

Androidアプリを作りたい場合は、JavaまたはKotlinという言語を選択する必要があります。

Androidアプリ開発にJavaは以前から使われていて、Kotlinは最近正式に使われるようになりました。Androidの流行りや流れはあまり追いかけていないのですが、これからKotlinにどんどん置き換わって行くかもしれません。

Javaを学びたい場合は「スッキリわかるJava」が異様にわかりやすいのでおすすめです。

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

また、iPhoneアプリと同じくReactNativeを用いるとJavaScriptでも作れたりします。

Webアプリケーション

Webアプリケーションはいろいろな言語で作れるので一概にこれだという言語はありません。

「とりあえず動くものがつくってみたいなー」とぼんやり思っている人はRubyがおすすめかなと思います。Rubyを学ぶとWebアプリケーションを作るための便利なフレームワークであるRuby on Railsを使えるためです。

本格的にエンジニアになろうと思ってる人がいきなりRuby on Railsをやろうとするのは注意が必要だったりするので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

hc0208.hatenadiary.jp

他にもPHPを選択するのもいいかなと思います。

個人的には今流行っていて、将来性も期待できるGoがおすすめです。

ゲーム

ゲームに関してはあまり詳しくないのですが、iOSやAndroidアプリで遊べるゲームを作る際は、Unityというツール(統合開発環境)を使うことが多いなーという印象で、その場合はC#を言語として選択することが多いかなと思います。

C#も言語自体は書きやすい印象なので、初心者にも十分おすすめできます。

僕もいつかはゲームをリリースしたいなと思っていたりするので、ゆくゆく本格的に触り始めるかもしれません。

なんのためにやるかによって変わる

特に作りたいものがないけど、プログラミングをやってみたいという人もいるかと思います。その場合の言語選択も大事だと思います。

エンジニアになるため

エンジニアになろうと思ってプログラミングをはじめるのであれば、なりたいエンジニアによって言語を決める必要があります。

上で説明した「iOSエンジニア」「Androidエンジニア」「Webアプリケーションエンジニア」「ゲームエンジニア」になりたければ、それぞれで説明した言語をやるべきです。

他にもデータ分析や人工知能系のエンジニアになりたいという人もいると思いますが、そういったときはPythonを学びましょう。

他にもエンジニアはいろいろあると思うので、ネットで調べて学ぶべき言語を自分で決めるのがいいかなと思います。

就職活動のため

ぼんやりとエンジニアに興味があって、就職活動で使えたらいいなーと思っている方もいると思います。

とりあえずやってみたいという感じに近いと思うので、下の「とりあえずやってみたいだけ」をみていただければいいかなと思います。

また、こちらに関しては詳細は他の記事にも書いてあるのでもしよければご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

hc0208.hatenadiary.jp

とりあえずやってみたいだけ

つくりたいものややりたいことがなく、とりあえずどういうものか触ってみたいという人が一番多いかもしれません。(僕もはじめはそうでした)

そういったときの言語選択は難しいと思いますが、Progateで学べる言語であればとりあえずなんでもいいかなと思います。一回Progateなどでやってみてそこからやりたいこと・目標などが出てきて新しく言語を学ぶという形でも全然いいと思っています。

Progateをおすすめしている理由は他の記事をご覧ください。

hc0208.hatenadiary.jp

終わりに

なりたいものや目標によって学ぶべき言語は変わってきます。ただ、とりあえずやってみたいという方が多いと思うので、その場合はProgate内で学べる言語をやっていくのがおすすめです。

プログラミングを学習する上で困っていること、相談したいことがあれば気軽にTwitterの方に連絡ください。